• ホーム
  • ピルの飲み忘れには注意!

ピルの飲み忘れには注意!

この世の中に男性と女性が存在している限りでは、性交渉をするという機会も数多くあるものです。
子孫繁栄のためや快楽のためなど、いろいろな理由がありますが、結婚をしている人たちでは待望という状態であっても、そうでないと妊娠してしまったら困惑してしまうということもあります。
ですから、お互いを思いやりながら、避妊をしていく必要があるのです。

避妊方法としても多様化しているのが現状ですが、男性が使用するコンドームよりも安定して高い避妊率である低用量ピルが日本でも知られつつあります。
低用量ピルというのは、女性ホルモンが配合されている錠剤であり、それを飲むことで生理周期などを整えることができます。
そして排卵を抑えることができるので、精子と卵子が出会うことがない、つまり妊娠をしないというわけなのです。

しかし、ピルを飲むにあたっては条件があります。
それは毎日きちんと飲み続けること、それが正しい服用であるのです。
できれば、毎日同じ時間帯などに飲むようにして飲み忘れがないようにしたいものです。
仮に飲み忘れという事態になっても、前の服用から48時間以上になっていなければ、すぐに飲むことで効果が継続するのです。
それ以上の時間が経っていれば、ほかの方法に替えるようにします。

しかし、ピルという錠剤は、飲み忘れもなく、毎日きちんと服用することで、ほぼ完ぺきに近く成功する避妊方法なので、女性側にとってはメリットがかなりあります。
また、錠剤を飲むだけという手軽さもあり、今後さらに服用する人が増えていくことでしょう。
これは海外の国では一般的な避妊方法であり、日本も今後近づいていくことでしょう。
自分の身は自分で守れるという女性にとっては最適なものなのです。

関連記事
ピル購入の際は種類と服用方法を間違えないように注意! 2020年02月10日

効果的な避妊方法の一つとして、欧米を中心に世界で多く用いられているピルは、女性にとって沢山のメリットがあります。例えば、避妊、月経困難症の改善、生理不順の改善、コンディショニング法などが挙げられますが、大切なのは、ピル購入時に、種類をきちんと確かめることと、服用方法及び期間を間違えないことです。ピル...

ピルを処方してもらえる病院を探すときのポイント 2020年01月05日

ピルを処方してもらう病院を探すときは、まず、必ず婦人科、もしくは産婦人科がある病院を見つけることが大切です。持病などがある場合は、その医師とも相談をして、ピルを処方してもらう病院を決めることもできます。自分でピルを処方してもらうところを探すときには、婦人科・レディースクリニックなどを中心に探すのがい...

ピルで完璧な避妊は不可能? 2019年09月10日

ピルによる妊娠の予防確率は、約9割程度だと考えられています。これに、コンドームなどの避妊用具を用いることによってその確率を99%近くまで引き上げることができます。言い換えると、完璧に100%で予防することができるわけではないという点に注意が必要です。そもそも、女性の生理はそれぞれの患者で傾向が全く違...

ピルと薬の飲み合わせの注意点 2019年09月30日

ピルを服用している間には、飲み合わせに注意をしなければならないことがあります。まず、風邪で体調を壊した場合に、ドラッグストアなどで売っている風邪薬を服用している時や、頭痛などで痛み止めを服用している場合には、ピルと一緒に飲んでも問題はありません。しかし、サプリメントには注意しなければならないものがあ...

原発無月経の症状改善に用いられるピル 2019年11月02日

日本の平均初潮年齢は、欧米諸国並みの12.2歳前後を推移し、16歳までに99%の女性が初潮をむかえていますが、満18歳になっても初潮をむかえない女性を原発無月経と言います。原発無月経の原因は、染色体異常や精巣性女性化症候群、外性器の形成異常で処女膜閉鎖症、膣閉鎖、膣中隔症など数多くあります。ターナー...