• ホーム
  • ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの合剤

ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの合剤

微笑む女性

ピルとは、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類が混ざったものです。
ホルモンの含有量によって高用量、中用量、低用量に分類されます。
中でも低用量ピルは、高用量ピルに比べて数十分の1まで含まれているホルモン量が減少しているため、副作用が起こりにくくなっています。

ピルを飲むことで避妊できる仕組みは、排卵が起こらないこと、子宮内膜が着床に適した状態にならないこと、子宮頚管粘膜が粘り気を持つことです。
黄体化ホルモンによって排卵が起こり、この排卵は黄体に変化します。
この応対から黄体ホルモンと卵胞ホルモンが分泌されます。
黄体ホルモンが分泌されている状態では、排卵を引き起こすほどのホルモンが分泌されなくなるため、排卵が起きないようになります。

受精卵が着床するためには、子宮内膜が厚くて柔らかい状態になっている必要があります。
自然の状態であれば、卵胞ホルモンにより子宮内膜を厚くし、黄体ホルモンにより柔らかい子宮内膜が作られます。
ピルの服用中は、最初から十分な厚さにならないため、着床に適さない状態になります。

また、精子は、子宮頚管を通り、子宮へと侵入しますが、子宮頚管粘膜が粘り気をもつことで精子の通過を妨げます。

これらの仕組みにより避妊が可能になります。
子宮内膜が厚くならないため、生理痛の緩和や出血量の減少が期待されます。
他にも、PMSの緩和、婦人科系疾患の予防などにもつながります。

販売されている低用量ピルには21錠タイプと28錠タイプがあります。
28錠タイプには、7錠の偽薬がついており、休薬期間明けの飲み忘れ防止の効果もあります。
どちらも実薬は21錠であることには変わりがないとされています。

関連記事
ピルの飲み忘れには注意! 2019年11月29日

この世の中に男性と女性が存在している限りでは、性交渉をするという機会も数多くあるものです。子孫繁栄のためや快楽のためなど、いろいろな理由がありますが、結婚をしている人たちでは待望という状態であっても、そうでないと妊娠してしまったら困惑してしまうということもあります。ですから、お互いを思いやりながら、...

ピルで完璧な避妊は不可能? 2019年09月10日

ピルによる妊娠の予防確率は、約9割程度だと考えられています。これに、コンドームなどの避妊用具を用いることによってその確率を99%近くまで引き上げることができます。言い換えると、完璧に100%で予防することができるわけではないという点に注意が必要です。そもそも、女性の生理はそれぞれの患者で傾向が全く違...

ピルと薬の飲み合わせの注意点 2019年09月30日

ピルを服用している間には、飲み合わせに注意をしなければならないことがあります。まず、風邪で体調を壊した場合に、ドラッグストアなどで売っている風邪薬を服用している時や、頭痛などで痛み止めを服用している場合には、ピルと一緒に飲んでも問題はありません。しかし、サプリメントには注意しなければならないものがあ...

原発無月経の症状改善に用いられるピル 2019年11月02日

日本の平均初潮年齢は、欧米諸国並みの12.2歳前後を推移し、16歳までに99%の女性が初潮をむかえていますが、満18歳になっても初潮をむかえない女性を原発無月経と言います。原発無月経の原因は、染色体異常や精巣性女性化症候群、外性器の形成異常で処女膜閉鎖症、膣閉鎖、膣中隔症など数多くあります。ターナー...

ピルの服用で避妊も出来て月経不順も治すことが出来ます 2019年10月15日

ピルというのは避妊効果だけがあるというような薬ではありません。ピルを服用することで月経不順についても治していくことが出来るのです。なのでそもそも月経不順を治す為に服用しているという女性が圧倒的に多いのであり、そのおまけの効果として避妊効果もあるとの認識を持っている女性も沢山いるものです。しかしただの...